MENU

その前に!?レッツ!抜け毛対策「もくじ」

枕に短い抜け毛・細い抜け毛があったら育毛しよう!


朝起きて枕元に通常の抜け毛とは違った「短い抜け毛」「細い抜け毛」があった場合は要注意です。
短い毛や細い毛が抜けるという事は通常の人間の「ヘアサイクル」と呼ばれる髪の毛の生え変わる周期には当てはまりません。

 

 

つまり、「ヘアサイクル」が乱れている可能性が高いです。ヘアサイクルとは髪の毛の周期の事で成長期、退行期、休止期があります。
成長期で髪の毛が成長していき、退行期で成長が止まります。そして最後に休止期で髪の毛が抜ける「抜け毛」が起きるのですが、この「抜け毛」が起こる時には髪の毛は成長が完全に終わっている為に太く長い髪の毛になるのが通常です。

 

ここに乱れが生じていると成長期の途中である髪の毛が退行期や休止期に入ってしまい抜け落ちてしまう為に「短い抜け毛」や「細い抜け毛」の状態で抜けます。

 

 

短い毛や細い毛で抜けてしまう抜け毛を防ぐには?


短い毛や細い毛で抜けるようなヘアサイクルが乱れている場合は抜け毛が促進されている可能性が高いです。
このような乱れたヘアサイクル(髪の毛の周期)を改善するにはヘアサイクルを乱している原因を対処する事です。

 

 

その原因とは人それぞれの抜け毛の原因と同じになるので、ホルモンの変化、頭皮環境の悪化や睡眠不足、髪の毛の栄養不足などが考えられます。
抜け毛の原因と同じなので「原因は●●である」と1つに絞る事は出来ません。
様々な原因が複合的に絡んでこのヘアサイクルを乱すからです。

 

 

男性の進行性の薄毛症状であるAGA(男性型脱毛症)も、女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛もヘアサイクルが乱れる事で起こっている抜け毛なので細い抜け毛や短い抜け毛が目立つようになります。

 

 

育毛対策で細い抜け毛・短い抜け毛を防止する!


ヘアサイクルの乱れで進行している抜け毛は防ぐ事が出来ます。
さらに頭皮環境が改善されれば抜け毛場所からの「発毛」も期待する事が出来ます。まずはその為には育毛を実践しなければいけません。

 

 

育毛とは現在ある髪の毛を太くして丈夫にします。また頭皮環境も改善する事が育毛です。現在ある細い毛が太くなるだけで驚くほど髪の毛が増えたように見えます。
さらに実際に頭皮環境が最善な状態になれば「発毛」も期待が出来るので最終目的はこの「発毛」を目指して取り組む事が大切です。

 

 

 

育毛対策でする事は育毛剤を使う事がベスト


育毛と言っても様々な対策があります。
費用ゼロで実践したい場合は、睡眠時間を多めに取る事やバランスが良い食事を取る事、血行促進の為の定期的な運動などです。

 

睡眠時間を多めに取る事

成長ホルモンや髪の毛を作る毛母細胞が活性化するのは睡眠時です。睡眠時間を多く取るほど活性化の度合いは高くなります。
短い睡眠時間が続いている場合は多めの睡眠時間を取ってみると良いでしょう。

 

 

髪の毛の栄養素を摂取する事

髪の毛の栄養素は食事から摂取します。具体的にはアミノ酸や良質なたんぱく質、ミネラルなどです。1つの成分のみではなくて様々な成分が必要になる為に髪の毛の栄養素を摂取する事で重要な事はバランスが良い食事と言われています。

 

 

血行を促進する事

血行促進もまた育毛になります。せっかく髪の毛の栄養素を摂取してもその栄養分を髪の毛を作る毛母細胞まで行き渡らせなければ意味がありません。血行不良になると毛母細胞まで栄養素が届かない状態になり髪の毛を作る為の細胞分裂が止まってしまいます。
定期的な運動は血行を促進する事が出来るので毎日の日課にすると良いでしょう。

 

 

これらの事が長期間スパンで見ると髪の毛を生やす方法、細い毛や短い毛を太く長くする方法になります。
2,3年スパンで考えるのならこの方法で大丈夫ですが、短期間に3ヶ月以内の効果を試みたい場合は育毛剤を使う事がベストな選択です。
育毛剤には上述した毛母細胞の活性化、髪の毛の栄養素、血行促進の為の成分などを凝縮配合している育毛剤があります。

 

 

つまり育毛剤単品を毎日使用するだけで上記のような効果を得る事も可能です。
短期間で育毛対策をしたい、「発毛」を目指したいと言う場合はまずは「育毛剤」を使う事がベストな選択と言えます。

 

 

ランキング1位の育毛剤(男女別)

男性ランキング1位の育毛剤 女性ランキング1位の育毛剤
チャップアップ育毛剤 ベルタ育毛剤





トップページ 育毛商品のランキング1位