MENU

その前に!?レッツ!抜け毛対策「もくじ」

てっぺんハゲの改善・予防・対策!枕に抜け毛があったら注意!


枕に抜け毛が多くあった場合は要注意です。それは抜け毛が促進している可能性が高いです。
抜け毛の種類の中でも枕元に特に抜け毛が目立つ場合は、頭のてっぺんが中心にハゲる「てっぺんハゲ」が進行している可能性が高いです。

 

 

 

てっぺんハゲの場合は、正面を向いての鏡には映らない為自分で気づく事が難しいです。
だんだんとてっぺんを中心に薄毛が進行していきます。

 

家族や友人、同僚なども正直、言いだしずらい部分もあるので、指摘される事も少ないでしょう。^^
起床時に枕元に抜け毛が目立つ場合は頭のてっぺんが薄くなっているか、薄毛が進んでいないかチェックしてみましょう^^。

 

 

 

また「てっぺんハゲ」と言う名前はてっぺんを中心に薄くなったり、ハゲたりする事が理由で通称としての呼び方になります^^。
専門分野で言うと、英語のO字やO型に見える為に「O型薄毛」「O字ハゲ」、また、頭のてっぺんは頭頂部と呼ばれるので「頭頂部ハゲ」とも言われます^^。

 

 

 

てっぺんハゲの原因とは!?


てっぺんがハゲる「てっぺんハゲ」は男性のみの症状です。
女性にはこのてっぺんハゲは病気の「円形脱毛症」など以外では起こりません。
このてっぺんハゲは男性のみと言う事でその症状の正式名称は予想が付くと思いますが、「AGA(男性型脱毛症)」の1つになります^^。

 

 

 

 

男性型脱毛症の症状の薄毛の現れ方は様々です。前頭部が中心にM字型に薄くなる場合もありますし、M字の真ん中の毛も脱毛されてC字のようなC型薄毛になる場合もあります。

 

このてっぺんハゲの場合は頭頂部の中心が主に薄くなるタイプです。
AGA(男性型脱毛症)の1つですが、どちらかと言うと、くっきりハゲてしまうと目立つのはこのO型ハゲ(てっぺんハゲ)ではないでしょうか。

 

 

AGA(男性型脱毛症)である「てっぺんハゲ」の原因


「てっぺんハゲ」は男性型脱毛症である事から原因は男性型脱毛症の原因と同等になります。

ジヒドロテストステロンの影響

男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」は抜け毛を促進するホルモンです。このホルモンが生成される限り薄毛の心配は付いてきます。
育毛剤などに配合されている「オウゴンエキス」や「ヒオウギ抽出液」などがこの「ジヒドロテストステロン」を抑制する作用があります。

 

 

ストレスの影響

ストレスが溜まっている期間が長ければ長いほど自律神経に影響を与えます。自律神経の交感神経に特に影響を与えてしまい交感神経が緊張状態になると血液の流れが悪くなります。
血行不良が起きてしまう為に、髪の毛の栄養素を毛母細胞まで運ぶ事が難しくなります。

 

 

ストレスはこのように血行不良を挟んで間接的に抜け毛を促進します。
対策はストレスを溜めないようにと言いたいですが、毎日の現代社会で生活する上で難しい場合もあると思うので出来るだけストレスを溜めない工夫やストレス発散方法を自分なりに見つけると良いと思いますよ^^。

 

 

血行不良の影響

ストレスからも生じる血行不良ですが、運動不足でも生じます。また脂肪分の取りすぎなどでも血行不良は生じます。
規則正しい生活を意識して毎日簡単なストレッチなどをすると血行が促進されます。

 

 

より効率的に血行促進を試みたい場合は、育毛剤などに血行を促進する天然成分を配合してものがあったり、血行促進成分を凝縮した育毛系のサプリメントなどもあるのでサポート的に摂取するのも1つの手ですね^^。

 

 

毛母細胞の栄養欠如の影響

毛母細胞に栄養が行き渡らなくなると細胞分裂が出来なくなり髪の毛が生成されなくなります。現在生えている毛はヘアサイクルの途中で抜け落ちてしまいます。このような場合の抜け毛は毛根が細かったり、抜け毛自体が短かったり、細かったりします。

 

 

髪の毛の栄養分はケラチンと言われるたんぱく質がメインですが、そのケラチンを合成する為にミネラルやビタミンなども必要になり、結果的には様々な物をバランス良く食べる事が一番有効とされています。逆を言うと偏った食事をしなければ髪の毛の栄養素は摂取出来るはずなのです。

 

 

偏った食事やダイエットの為の断食などをしなければ髪の毛の栄養素は摂取出来ますが、効率的に髪の毛の栄養素のみを多く摂取したい場合は「育毛サプリメント」などを毎日摂取する事で十分な髪の毛の栄養素を摂取出来て毛母細胞に栄養が行き渡り細胞分裂が促進されます。

 

 

頭皮環境の悪化

刺激が強いシャンプーを使っていたり、シャンプー時に爪を立てて洗っていたりと頭皮に炎症を起こす可能性があるシャンプー方法の場合は頭皮環境が悪化します。
乾燥しすぎるのも良くないし、皮脂が多すぎても、全くなくても頭皮は悪化してしまうのです。

 

 

抜け毛を気にするようになったら頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」を使用して指の腹で頭皮をマッサージするようにして洗いましょう。
毛穴の汚れを取るだけでなく血行促進にも繋がりますので試してみてください^^。

 

 

てっぺんハゲの改善対策と予防対策の方法!


てっぺんハゲはAGA(男性型脱毛症)の1つなので男性型脱毛症対策をすれば改善する事が出来ます。まだまだ薄毛の状態まで進んでいなくても「てっぺんハゲ改善対策」をしていれば「予防」にもなるので、「てっぺんハゲ」の可能性ありかもと思った人もぜひ実践してください^^。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の主要な4つの原因を対策する事が重要

 

主要な3つのてっぺんハゲ(男性型脱毛症)対策

 

ジヒドロテストステロン男性ホルモン対策

ジヒドロテストステロン対策はジヒドロテストステロンの生成を抑制する成分の摂取が有効です。
代表的成分は「オウゴンエキス」と「ヒオウギ抽出液」です。育毛剤などに配合されています。

 

 

また、病院に行く場合は「プロペシア」と呼ばれる薬もジヒドロテストステロンを抑制する事が出来ます。

 

 

血行促進対策

血行を促進するには定期的な運動やストレスを溜めない生活が有効です。
また、血行を促進する天然成分などの摂取も有効です。この場合は育毛剤や育毛シャンプーなどにそのような成分が配合されています。

 

 

頭皮環境の改善・悪化予防対策

頭皮環境を改善したり、悪化予防をするには毎日1回の適切な方法でのシャンプーが必要です。
出来るだけ刺激が弱い「アミノ酸系シャンプー」で頭皮をマッサージするように洗うのがコツです。

 

 

頭皮の悪化を心配して1日に何回もシャンプーをする人がいますが、これはNGです。洗い過ぎは皮脂をすべて取ってしまいます。
皮脂がすべて取れてしまうと身体が皮脂が足りないというサインを出し頭皮から必要以上の皮脂が分泌されてベタベタの頭皮になります。
最悪の場合はそこから「脂漏性脱毛症」などを発生させてAGA以外の症状による抜け毛までも発生させてしまいます。

 

 

シャンプーは1日1回で洗浄力が強すぎる市販シャンプーではなくて「アミノ酸系シャンプー」を使用すると「てっぺんハゲ症状」を始め様々な薄毛症状に効果的です。

 

 

髪の毛の栄養素を摂取する

髪の毛を生成する為には口から栄養分を摂取する必要があります。バランスが良い食事が必須条件ですが、より効率的に髪の毛の栄養分を摂取したい場合は「育毛サプリメント」などでそのような成分を凝縮したサプリメントを取ると効率的と言えます。

 

 

「予防」の意味でも髪の毛の栄養分は多めに摂取しても良いと思いますよ^^。

 

 

 

てっぺんハゲ症状に育毛商品を使う!


てっぺんハゲ症状に育毛商品を使って短期間に効率的に改善させたい、又、予防の意味で使いたいと言う場合は以下の育毛商品がてっぺんハゲに効果的です。

 

てっぺんハゲ対策商品

対策条件 対策成分 対策商品
ジヒドロテストステロンを抑制させる オウゴンエキスやヒオウギ抽出液成分 チャップアップ育毛剤
血行促進や頭皮環境改善 血行促進成分+頭皮環境改善成分 リマーユスカルプシャンプー
髪の毛の栄養素を摂取する 髪の毛を作る為の栄養素成分 フェルサ育毛サプリメント

 

 






トップページ 育毛商品のランキング1位