MENU

その前に!?レッツ!抜け毛対策「もくじ」

医者の診察を受けないと貰えない抜け毛対策の薬とは!?


抜け毛対策や抜け毛防止対策はほとんどが医薬部外品や薬局で購入出来るタイプの医薬品を使用する事です。
しかし、病院で診察を受けてからではないと貰えない抜け毛対策の薬があります。
大きく2つあり、それは「プロペシア」と呼ばれる薬と「ミノキシジル」と言われる成分です。

 

※ミノキシジルについては濃度が低い場合は薬局にて育毛剤として病院での診察無しで購入する事が出来ます。

 

 

抜け毛対策薬の「プロペシア」と「ミノキシジル」とは?

プロペシア

男性特有の薄毛の症状であるAGA(男性型脱毛症)にのみ効果があるとされているプロペシアと呼ばれる薬があります。
プロペシアとは薬の名称で直接的に効果を出す成分はプロペシアに配合されている「フィナステリド成分」です。

 

このフィナステリド成分が抜け毛を促進している男性ホルモンの生成を抑制する事が出来ると言われています。
AGA(男性型脱毛症)の原因の1つである抜け毛促進の男性ホルモンに有効であって、抜け毛の原因すべてに有効ではない為にプロペシアだけで抜け毛が防止出来る事はありません。

 

抜け毛防止対策の1つとしての方法になります。

 

 

ミノキシジル

ミノキシジルとは血管拡張作用がある成分になります。濃度が低くかったり、少量ならば、病院でなくても「医薬品」として薬局でミノキシジル配合の育毛剤なども販売しています。
血管拡張は抜け毛の原因の1つである「血行不良」を改善するので抜け毛防止薬の1つとして捉える事が出来ます。

 

 

血行不良が抜け毛の原因になるのは男性も女性も同じなのでミノキシジルの場合は男性も女性でも抜け毛対策に効果的と言えます。

 

ミノキシジルについてもプロペシア薬と同等に血行不良改善を目的としている為、抜け毛の原因すべての対策ではなくてあくまでも抜け毛の原因の1つの対策になります。
ミノキシジルも抜け毛防止対策の1つとしての方法になるのです。

 

 

 

抜け毛対策に医薬品を使う必要はない?


抜け毛対策をしたいと考える時に医薬品と医薬部外品や化粧品系など様々な商品や薬があると思いますが、医薬品である理由は副作用がある事にあります。

 

副作用がある為に医者の診断を必要としなければならないのが「医薬品」であって必ずしも医薬品のほうが効果が高いわけではありません。
事実、病院に通っても抜け毛防止にならなかった人は数えきれないほどいます。

 

 

さらに病院で医薬品を毎回処方して貰うと言う事は、定期的に病院通いをする時間が必要である事と、抜け毛防止薬は健康保険の適用外になる為に通い続けるだけで総額すると高額費用になってしまいます。

 

医薬品を使うデメリット

デメリット@ 費用が高額(健康保険適用外の為)
デメリットA 定期的に通う必要がある
デメリットB 副作用の可能性がある
デメリットC 一度通うと、「治る」の判断が医者によってあいまいの為長期間通う事が多い。
デメリットD 同等の対策成分で医薬部外品で購入出来る成分がある

 

 

医薬品以外のほうが発毛実績が多いと言う事実!


抜け毛対策の医薬品を病院通いまでして貰う必要はない最大の理由は医薬品を貰う為のデメリット以上に「医薬部外品」のほうが育毛実績や発毛実績が高いからです。
医薬品はあくまでも医薬であるので症状を改善させる目的になります。プロペシアの場合は男性ホルモン抑制作用、ミノキシジルの場合は血管拡張により血行促進作用が主な目的です。

 

 

 

しかし、これらの作用は医薬品を使う事がなくても医薬部外品でも対策が出来ます。医薬部外品の場合は副作用もないし、商品として売られているので、1つの抜け毛対策成分だけでなくて、様々な抜け毛の対策成分が配合されています。
単一作用ではなくて複合的な作用が出来るのが商品としての育毛商品です。

 

 

この総合的な育毛ケアが出来る事が医薬品よりも育毛実績や発毛実績が高い理由になります。
育毛商品には医薬品みたいな単一の対策成分だけでなくて頭皮環境の改善成分や頭皮状態の悪化予防成分、髪の毛の生成成分など様々な成分を凝縮配合しているので抜け毛の原因である複合的な原因をカバー出来るわけです。

 

医薬部外品のメリット

メリット@ 通販のみで購入可能(病院に通う必要が無い
メリットA 副作用の心配がない(医薬品ではない為)
メリットB 育毛や発毛の為の様々な成分が配合されている(単一成分ではない)
メリットC 病院に通うよりも費用が安価で済む
メリットD 医薬品であるプロペシアやミノキシジルと同等成分(M-034やオウゴンエキスなど)もある

 

 

1番注目してもらいたいのはメリットDの医薬品と同等成分が医薬部外品にもある事です。なぜプロペシアやミノキシジルは同等の効果があるのに医薬品になってしまうかは当然副作用がある為です。副作用の危険がある成分は勝手に通販出来ません。
このような成分があるなら医薬品よりも医薬部外品を使う事のほうがメリットが多く効率的です。

 

 

なぜ医薬品のほうが効果があるようなイメージがあるのかと言うと、人間の意識的な問題で医薬品は医薬部外品よりも性能が上というイメージがある事ではないでしょうか^^。
実際の効果や作用の面で見ると同等なはずなんですがね^^。

 

医薬品の対策成分と同等の作用がある成分


医薬品の代表薬の「プロペシア」と「ミノキシジル」にも同等の成分で「医薬部外品」に指定されている成分があります。
つまり副作用もない成分です。

 

プロペシアと同等の作用がある成分(男性ホルモン抑制作用)

プロペシアと同等の成分(男性ホルモン抑制) オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液など
プロペシア同等成分が配合されている商品 チャップアップ育毛剤

 

ミノキシジルと同等の作用がある成分

ミノキシジル成分と同等成分 M-034成分
ミノキシジル同等成分が配合されている商品(男性用) ブブカ(BUBKA)育毛剤
ミノキシジル同等成分が配合されている商品(男女共用) チャップアップ育毛剤

 






トップページ 育毛商品のランキング1位