MENU

その前に!?レッツ!抜け毛対策「もくじ」

医薬部外品のほうが抜け毛対策には効果的!?


始めて育毛や抜け毛対策などをしようと思う時はどんな時でしょうか^^。
シャンプーをしている時に抜け毛が目立つようになったとか、寝起きの枕元に抜け毛が目立つようになったなどのきっかけからではないでしょうか^^。

 

 

 

そんな時にまず試したいと思うのが信用性がありそうな病院で処方をしてもらえる「プロペシア」「ミノキシジル」などの薬ではないでしょうか。
しかし、実際に抜け毛対策が出来た、育毛効果が出て髪の毛が太くなった、発毛したなどの実績の多さで言えば「医薬品」よりも「医薬部外品」が多いのが現状です。

 

プロペシア

病院で処方してもらえるプロペシアの場合は男性のみになりますが、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の場合その原因である「ジヒドロテストステロン」を生成する事を抑える作用があります。

 

ミノキシジル

ミノキシジルの薬は血管の拡張作用を促します。血管が拡張されれば血行が促進されるので抜け毛原因の1つである血行不良を改善出来ると言うものです。こちらの成分は男性にも女性にも効果があります。

 

 

 

医薬品の薬が浸透しない理由


医薬品の薬が浸透しない理由に医薬品は単一効能が多い事と、副作用問題、また費用や時間の問題がある事などが言えます。
医薬品は病院の皮膚科などで処方してもらえます。ミノキシジルの場合は濃度が薄ければ医薬品としてミノキシジル成分が配合されている育毛剤などを薬局でも購入する事が出来ます。(リアップやロゲインが有名です^^)

 

 

医薬品は単一効能である


抜け毛防止の医薬品は成分が医薬品成分に偏っている事が多い為に単一効果が著しい事が挙げられます。
ミノキシジルなら「血管拡張作用」でプロペシアなら男性型脱毛症の原因である「男性ホルモン抑制のみ」と言う形になります。

 

 

男性も女性も抜け毛の原因は単一ではなくて様々な原因が合わさって発症します。男性の抜け毛の場合、それがAGA(男性型脱毛症)であっても抜け毛の原因の男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑制しただけでは改善されない状況がほとんどです。頭皮環境や血行の問題、髪の毛の栄養素自体が足りない問題なども関わって抜け毛が発症するからです。

 

ミノキシジル成分も同じで「血行不良」だけでは抜け毛は発生しないのでミノキシジルを使っても結局は抜け毛に対しては効果がなかったとなる事も多いのが医薬品使用者の現状です。

 

 

1番怖い副作用の問題がある!


医薬品を使う事が浸透しない最もな理由は医薬品であるが為の「副作用」の問題です。プロペシアもミノキシジルも副作用を持っています。
特にミノキシジルは血管を拡張してしまうので血圧に問題がある人や持病を持っている人が使用する事で重大な副作用に発展する可能性があります。

 

 

病院に通う時間と費用の問題がある!


医薬品の浸透しない理由で副作用問題の次に多いのが抜け毛を抑えるような行為は病気の改善ではなくて美容的と見られる事にあります。
美容的と言う事は健康保険が適用されません。全額費用は自己負担です。

 

 

特にプロペシアの場合は病院でしか処方が出来ない分、毎回定期的に病院に通う必要があります。
そしてその度に保険適用外の薬を全額自己負担するばかりか診察料も全額自己負担するわけですから費用に余裕がある人でしか病院通いの抜け毛対策は行いずらいと言うのが浸透しない理由の1つだと考えられます。

 

 

 

何よりも医薬部外品のほうが効果が出ている!


医薬品が浸透しない理由を挙げましたが何よりも医薬部外品を使用している人のほうが育毛効果や発毛効果を実感出来ている人が多いのも事実です。
これは医薬部外品の育毛商品で育毛や発毛を実践している人の数が多いのでそれに比例している点もありますが、それ以上に医薬品にはない医薬部外品ならではの総合的ケアがあるからです。

 

 

 

医薬部外品は総合的なケアが可能!


医薬部外品の「総合的ケア」とは前述の通り抜け毛の原因は1つではなくて様々な原因が合わさって発症する事からそれに対応したケア商品と言えます。
医薬品では単一の原因を抑える事がほとんどですが、医薬部外品では総合的な成分が配合された育毛商品が多いからです。

 

 

それは病院や医学界と違って企業がその商品を作れるので単一成分ではなくて、頭皮の為の成分を総合的に配合する事が出来るからです。
ホルモン系作用の成分だけではなく、「頭皮環境の改善成分」、「血行促進成分」、「皮脂を抑える成分」、「保湿性を高める成分」、「髪の毛の栄養成分」なども総合的に配合して頭皮ケアする事が出来ます。

 

 

天然成分でも医薬品と同じ効能!?


医薬品である「プロペシア」の作用効果の「男性ホルモンを抑制する作用」は天然成分でも同等の効能がある成分があります。
「プロペシア」が医薬品になってしまうのは副作用があるからです。
また、ミノキシジルについても同等の成分である「M−034成分」があります。ミノキシジルと違う点はこれも副作用がない事です。

プロペシアやミノキシジルと同等で副作用がない成分は実はたくさんあるのを育毛を始めたばかりの人や始める前の人はほとんど知る事はありません

 

 

さらに女性の場合も抜け毛の原因の1つである「ホルモンバランスの乱れ」や「女性ホルモンの低下」がありますが、この対策成分についても「ホルモン調整作用がある天然成分」や「女性ホルモンと同等の働きをする女性ホルモン様成分」があるのです。

医薬品と同等の効能がある男性育毛商品

プロペシア同様効果商品(ヒオウギ抽出液・オウゴンエキスなどの男性ホルモン抑制成分) チャップアップ育毛剤
ミノキシジルと同様効果がある商品(主にM−034成分) ブブカ(BUBKA)育毛剤

 

 

女性ホルモン作用のある医薬部外品

女性ホルモン調整作用や女性ホルモン同等作用の成分 「ヒオウギ抽出液」など女性ホルモン様と言われる成分
女性ホルモン調整作用の成分を含む育毛商品 女性用ベルタ育毛剤

 

 

 

医薬品と言うと医薬部外品よりも効果的などと思われてしまいますが、抜け毛対策薬に置いて言えば、副作用の為に「医薬品」の部類になってしまっているだけで作用する効果は同等の成分が天然成分で数多くあります。
そのような髪の毛の為の育毛成分、発毛成分を凝縮したのが通販などで購入が出来る医薬部外品の「育毛剤」や「育毛シャンプー」、「育毛サプリメント」などです。

 

 

決して「医薬品」が1番で「医薬部外品」が2番などではなくて効果の度合いで言うと変わらないどころか、他の育毛成分や発毛成分なども総合的に配合してある企業開発の「医薬部外品の育毛商品」のほうが効果が高いのが現状です。

 

 

この為に育毛実績や発毛実績があったなどの口コミや評価などを見ると、使用している商品の多くは通販購入が出来る「医薬部外品」の育毛商品などになっているわけです^^。

 

 

 

 

 






トップページ 育毛商品のランキング1位