MENU

その前に!?レッツ!抜け毛対策「もくじ」

シャンプー時の抜け毛本数・枕の抜け毛本数はどのくらいから危険!?


男性でも女性でも人間の髪の毛は正常な人で「1日に50本〜100本程抜け落ちる」と言われています(日本人の場合)
そのほとんどが知らない間に抜け落ちています。主に活動している日中に抜け落ちているのです。
自然に少しづつ抜ける事は正常範囲で抜け毛が促進しているとは言えませんが、それが通常の範囲を超えると危険です。

 

 

それは抜け毛が促進されている状態の頭皮と言えるからです。
ではどのように抜け毛が正常な範囲かそうでないかを見極めるのかと言うと最も分かりやすいのが「シャンプー時の抜け毛」「起床時の枕に付いている抜け毛」です。

 

 

シャンプー時の抜け毛は20本以上から危険!?

シャンプーをすると言う事は頭を刺激する事になるので頭皮環境が健全な状態の人でも抜け毛は発生します。
しかし、その抜け毛本数が1回のシャンプーで20本以上が抜けると男性でも女性でも抜け毛が促進されていると言えます。
この20本以上の抜け毛と言うのは通常のシャンプーを約5分実施した方法で頭皮をマッサージするようなやり方の場合です。

 

 

10本以下の場合は通常の範囲内ですので特別対策の必要はありません。
20本以上の抜け毛が落ちた場合は抜け毛が促進されている状態にあるので「早急な育毛対策」が必要です。

 

 

 

起床時の枕元の抜け毛は10本以上から危険!?


起床時に枕元に抜け毛がある事は多いと思います。
これは5本以内なら正常と言えます。また寝ている間に頭皮を掻いたり、頭を必要以上に触る癖がある人の場合は10本以下ならば正常と言えます。

 

しかし、頭皮を触る癖の有無に関係無しに起床時に10本以上の抜け毛がある場合はそれは頭皮環境が悪化して抜け毛が促進されている状態にあります。
朝、枕元の抜け毛の本数を確認してみて「10本以上」の場合は「早急な育毛対策」を実施してください。

 

 

 

微妙な本数の抜け毛がある場合は!?


シャンプー時には10〜20本程度の抜け毛で、寝る時に頭や髪の毛を触る癖や無意識に触ってしまう人で起床時の枕元には10本前後の抜け毛
があるなど微妙な本数の人でも「育毛対策」を実施すべきだと思います。

 

 

早急な育毛対策を実施するべきとは言えませんが、髪の毛が抜け始めている可能性は高いです。男性でも女性でも抜け毛が少しでも起きるとその抜け毛症状のほとんどは進行していきます。
早めの対処が重要になってくるのです。

 

 

この段階での抜け毛対策の場合は「抜け毛防止対策」でもあり、「抜け毛予防対策」にも繋がりますので微妙な抜け毛本数の場合でも「育毛対策」は実施すべきなのです。

男女共通!抜け毛を防ぐ方法・育毛方法とは!?


男性でも女性でも抜け毛には原因があります。一部を除いてはそのほとんどが男性も女性も抜け毛になる原因は一緒です。
「男女共通の抜け毛を防ぐ方法、育毛方法」は以下の通りです。

 

血行を促進する事

髪の毛の栄養分は血流を流れて頭皮にある毛母細胞に行き渡ります。血行不良の状態にある事でこの髪の毛の栄養素が行き渡らない状態になり抜け毛を促進したり髪の毛の成長を止めてしまいます。血行不良が疑われる場合は定期的な運動やストレッチなどで改善する事が出来ます。

 

直接育毛剤や育毛シャンプーなどを使って血行促進は図るのも1つの手ですね^^。

 

 

睡眠時間をより多く確保する事

人間が睡眠すると約3時間で「成長ホルモン」を活性化させます。成長ホルモンが活性化すると髪の毛の成長を促してくれます。
短い睡眠時間だと成長ホルモンの恩恵を受ける事が難しくなるので抜け毛防止や育毛対策には質が良い長い睡眠時間が条件になります。

 

 

バランスが取れた食生活をする事

髪の毛の栄養素は食べ物から摂取します。通常の食べ物をバランス良く食べる事で自然と髪の毛の栄養素を摂取している事になります。
食べ物から栄養が取れない状態の人は過度のダイエットを実践しているか、偏った食事をしている人がほとんどです。
必ず髪の毛の為にもバランスが良い食事を心がけましょう。

 

 

頭皮環境を改善する事

抜け毛の原因の1つが頭皮環境の悪化です。不衛生の場合や、刺激が強いシャンプーを使っている場合に悪化する事が多いです。
また、シャンプーの洗いすぎも頭皮にある皮脂を無くしてしまう事で身体が皮脂がないと判断して必要以上の皮脂が分泌されて頭皮環境が悪化してしまいます。

 

 

アミノ酸系シャンプーなどの育毛シャンプーを使って1日1回洗う事。シャンプー時には指の腹で頭皮をマッサージするように洗う事を心がけてください。
適度な洗浄と頭皮に強い刺激を与えない事が頭皮環境を改善したり悪化防止の為に必要な事です。

 

 

ホルモン系の抜け毛原因が男性と女性とで違う!


男女共通の抜け毛防止対策方法・育毛方法を上述しましたが、男性と女性とで対策が違う育毛方法もあります。
それはホルモン系の作用による抜け毛の対策方法です。

 

 

男性の場合は抜け毛促進の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が生成されて活性化する事で抜け毛が促進されていきます。
これが男性の様々な抜け毛原因の中の1つである「ホルモン系の抜け毛原因」です。

 

女性にも「女性のホルモン系の抜け毛原因」があります。それは女性ホルモンそのものが低下する事とその低下によりホルモンバランスが乱れる事にあります。
女性ホルモンの「エストロゲン」の効力が弱まる事で抜け毛が促進されたり、ホルモンバランスが乱れる事で男性ホルモンが優位になってしまい抜け毛が促進されるケースもあります。

 

 

 

男女別!ホルモン系の抜け毛対策方法


ホルモン系の原因には男女別の対策方法があります。男性の場合は抜け毛促進のホルモンである「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する成分や「ジヒドロテストステロン」と結ぶつく5αリダクターゼ還元酵素を阻害する働きがある成分を摂取する事で改善する事が出来ます。

男性ホルモンを抑制する代表成分:ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス

 

 

女性の場合も女性ホルモン様成分と言われる女性ホルモンと同等の働きをする成分を摂取したり、ホルモンバランスを調整する作用がある成分を摂取する事でこのホルモンの乱れや低下を改善する事が出来ます。

 

 

いずれもこのようなホルモン作用系の成分は育毛剤などの育毛商品に配合されている事が多いです。
食べ物から1つ1つ摂取する事は難しいのでホルモン系の対策は「育毛商品」が必須と言えるでしょう。

 

 

 

育毛商品を使って抜け毛対策!

抜け毛防止や育毛対策をするのにあると効率的で効果的なのが「育毛商品」です。
うまく自分にあった「育毛商品」を使う事でより短期間で育毛対策・抜け毛対策が出来ます。

 

 

育毛商品の効果は抜け毛を防止するだけでなくて「育毛」として現在細くなってしまっている髪の毛を太く丈夫にしたり、抜け毛部分からの「発毛」も期待する事が出来ます。
抜け毛防止や抜け毛予防ももちろんですが、最終的には抜けてしまった部分からの「発毛」を目指して育毛対策していきましょう^^。

 

男女別の対策育毛商品ランキング1位


以下男性と女性別の育毛商品のランキング1位を抜粋しています。男性で育毛対策を始める人は「育毛剤」と「育毛シャンプー」を使用してください^^。
女性で育毛対策を始める人は「育毛剤」と「育毛サプリメント」を使用すると効果的に育毛対策が出来ますよ^^。

 

男性の育毛対策商品は「育毛剤」と「育毛シャンプー」

男性育毛剤部門
チャップアップ育毛剤 公式サイト

 

 

男性育毛シャンプー部門
リマーユスカルプシャンプー 公式サイト

 

女性の育毛対策商品は「育毛剤」と「育毛サプリメント」

女性育毛剤部門
ベルタ育毛剤 公式サイト
女性育毛サプリメント部門
マイナチュレ育毛サプリメント 公式サイト

 

 

育毛商品は大きく3つに分ける事が出来る!


育毛商品は大きく分けると、「育毛剤」「育毛シャンプー」「育毛サプリメント」の3つに分ける事が出来ます。
男女共にホルモン作用成分が配合されているのが「育毛剤」になります。

 

 

抜け毛は様々な原因が合わさって発症しますが、その主要な原因の1つである「ホルモン系」の原因の対策で1番効果的なのがほとんどの「育毛剤」に配合されているホルモン作用成分です。
男性ならジヒドロテストステロンを抑制する成分で女性なら女性ホルモンと同等の働きをする成分やホルモンバランスを調整する成分などです。

 

 

まず、育毛商品を1つに決める場合は「育毛剤」が最も効果的な育毛商品でしょう。
育毛剤にプラスして、男性の場合は頭皮環境の悪化も抜け毛の原因の大きなウェイトを占めるので「育毛シャンプー」を合わせて使用するとより効果を出す事が期待出来ます。

 

女性の場合は、過度のダイエットや偏った食事による髪の毛の栄養素に問題がある場合が多いので「育毛サプリメント」などの髪の毛の栄養素が凝縮配合されている物を摂取する事で育毛効果を倍増させる事が出来ます。

 

 

男性も女性も育毛商品を1つに絞る場合は「育毛剤」に絞る事が必須ですね^^。

 

男性のランキング1位育毛剤 チャップアップ育毛剤
女性のランキング1位育毛剤 ベルタ育毛剤

 

 

育毛・発毛サロンと言う通う形の育毛方法!


男性も女性も「育毛」や「発毛」を実践するには必ずしも「育毛商品」を使わなければいけないとは限りません。
美容としてエステに通う事があると思いますが、その頭皮版のエステがあります。

 

 

頭皮の為のエステサロンを「育毛サロン」「発毛サロン」と呼びます。
育毛サロンも発毛サロンも施術する形はほとんど同じです。育毛を飛び越えて「発毛」を目指すという意味合いで「発毛サロン」と呼ぶ事もありますが、施術内容に大きな差はありません。
育毛サロンでも最終的には「発毛」を目指します。

 

 

育毛商品を使うよりも高額?育毛サロンについて!


育毛サロンや発毛サロンなどは通販で購入出来る「育毛剤」や「育毛シャンプー」、「育毛サプリメント」などを使用する事と比べると費用が高額になりやすいです。
美容対策になるので健康保険が適用出来ないのも理由ですが、それ以上に髪の毛の専門家による施術や状況把握をしてもらえる点にあります。

 

 

育毛サロンなどに常駐しているスタッフはヘアカウンセラーと言われる人達で皆髪の毛の事を知りつくしています。
いわゆる頭皮のプロですね^^。

 

 

効果が高く実績が豊富の育毛サロン!


男性の育毛サロンも女性の育毛サロンも費用は「育毛商品」を使用する事よりも高額になりますが、それ以上に効果は高いと言う事は覚えておきましょう^^。

 

 

育毛サロンの口コミや評価サイトなどでチェックすると分かるのですが、「細い髪の毛が太くなった」とか「発毛が出来た」などの実績は圧倒的に育毛サロンのほうが評価が高いのです^^。
初回のカウンセリングや初回施術の時に頭皮チェックをして現在の頭皮状況を把握し、それに合わせての施術なので効率的でより効果的な施術が出来るのが理由の1つです。

 

 

 

自分の判断で「育毛商品」を決めるよりも専門家の判断のほうが的確なのは言うまでもないですよね^^。
そして施術方法も独自開発の育毛商品を使う施術もあり、市販では購入出来ない商品が使えるのも魅力の1つです。
通う度に頭皮チェックをして以前との比較も出来るので効果を目で確かめながらの対策が出来て「育毛している実感」があるんです^^。

 

 

無料カウンセリングや格安体験を使って検証!?


男性の育毛サロンでも女性の育毛サロンでも現在はいきなり大きな費用を払うのではなくて、初回無料の体験や無料カウンセリング、また半額初回キャンペーン80%OFFキャンペーンなど初回の場合がほとんどですが、「お試し」が出来る育毛サロンなどが増えています。

 

 

格安や無料で頭皮チェックだけ受けてみたり、施術内容だけ聞いたりするのも1つの手ですね^^。
様々な育毛サロンの比較を無料体験のみでやってみるのも可能だと思いますよ^^。

 

 

もし、格安体験や無料体験で自分に合うと判断出来たらそのまま進めばよいし、自分なりに「育毛商品」を使用して代替できそうだと思ったら体験だけにして独自に育毛対策をするのも良いと思いますよ^^。

 

格安体験や無料体験を実施している育毛サロン

男性の育毛(発毛)サロン 発毛実績98%のスーパースカルプ発毛療法
女性の育毛(発毛)サロン クリエーションヘアーズ

 

 

育毛クリニックで育毛・発毛対策が出来る!?


育毛サロンや発毛サロンとは違い医者でないと出来ない施術を行う事が出来るのが「育毛クリニック」です。
医療行為なので効果が高いと思いがちですが、現在抜け毛を100%改善出来ると断言できる病院や医者はいません^^。

 

 

抜け毛防止や発毛については現段階では「期待値」が大きいか小さいかでの判断になります。
それでも育毛サロンなどに比べると医薬品の使用も可能な「育毛クリニック」のほうが実績は豊富のようです。

 

 

ただし、抜け毛対策や育毛・発毛対策は医者によって考え方が違う為に医者や病院によっても施術が大きく変わる事があり、結局は自分に合う医者や病院を見つけなければいけないのでその点を考えると自分に合う「育毛商品」を選ぶ育毛商品派と大差はないのかもしれませんね^^。

 

 

育毛クリニックで実施出来る大きな3ポイント


医療行為が出来るクリニックでは他では出来ない大きな3つのポイントがあります。

医薬品の処方が出来る

市販での購入が不可能な「プロペシア」や「ミノキシジル」と言った抜け毛対策の薬を購入する事が出来ます。
プロペシアは男性のみのAGA(男性型脱毛症)に有効とされている薬でミノキシジルは血管拡張作用がある事から血行促進を促して栄養を毛母細胞に行き渡らせる効果があります。
ミノキシジルは女性にも有効です。

 

 

育毛メソセラピーが出来る

髪の毛の生成を行っている毛母細胞などを活性化する成分を直接頭皮に注射する事です。
しかし、直接注射しなくてもこのような成分を口から摂取する事も出来るし、育毛剤などに配合する事も出来るので副作用や危険を冒してまで頭皮注射をする必要があるのかの疑問視の声もあります。

 

 

ハーグ(HARG)療法が出来る

薄毛や抜け毛が発症している患者自身の脂肪幹細胞を培養します。培養して取れる成長因子と病院独自に取り入れる髪の毛の栄養成分を注入する方法です。
こちらも効果に個人差が大きい療法です。

 

 

育毛の為の「専門外来」が増えている!


男性も女性も抜け毛は深刻な悩みの1つですよね。
今までは、その解消方法で医学を選ぶとどうしても皮膚科などの医者が皮膚科対策の一環としての対処方法で終わってしまいました。

 

 

しかし、育毛や発毛の需要が高くなるにつれて、都会を中心に専門外来を設ける病院や抜け毛対策や育毛対策にコンセプトを絞り独立した「抜け毛対策専門のクリニック」も増えてきました。

 

 

育毛対策や発毛対策のクリニックや専門外来の場合、そのクリニックや医者によって抜け毛の原因を対処する考え方が違うので対処方法も違いが出てきます。
その為に発毛実績が多いクリニック、効果がなかったとされる評価が多い専門外来など病院によって差が出てきます。

 

 

もしも、育毛対策を医学的に育毛クリニックなどで対策したいと考えている場合は知名度があり、評価が高い育毛・発毛の専門クリニックを選ぶと失敗が少ないと思いますよ^^。

 

評価が高い育毛専門クリニック(男女別)

育毛専門クリニック(男性) 新宿メディカルクリニック
育毛専門クリニック(女性) ベル美容外科クリニック

 

 

増毛・植毛方法で抜け毛対策が出来る!?


髪の毛を増やす対策は自分の毛である「自毛」を太くしたり、抜け毛部分からの発毛を目指して「育毛対策」をする事が一般的ですよね^^。
市販商品による育毛商品による育毛対策や専門クリニック、専門サロンによる育毛対策もあります。

 

 

しかし、自然な形での育毛対策を試したけど今後発毛したり、毛が太くなったりなどを期待するのは難しそうだと思った時に次に「髪の毛を増やす方法」としては「増毛方法」と「植毛」方法があります^^。

 

 

増毛方法はカツラに近い感じで、自然に生える事は期待出来ないですが、植毛の場合は「自毛植毛」と呼ばれ頭皮に自分の髪の毛を植えると自分の毛として生える事も出来ます。
通常の育毛対策に限界が見えたらまずは「植毛」を選ぶのが効率的です。頭皮の傷が心配な場合は「増毛」と呼ばれる方法もありますね^^。

 

 

植毛方法は自毛植毛が基本


植毛方法は2通りあり、人工毛を植え込む方法を「人工毛植毛」と言い、自分の髪の毛を植え込む方法を「自毛植毛」と呼びます。
しかし、人工毛は頭皮が髪の毛とは違う物と判断して抜け落とそうとする拒絶反応が出たり、拒絶反応によって炎症を起こす事もある事から現在では自分の毛を植える「自毛植毛」が基本になっています。

 

 

自毛植毛のメリット

頭皮を切り取り細分化して薄毛部分の頭皮に植えつける方法ですが、一度定着すると通常の髪の毛のように抜けてもまた生えてきます。
その後メンテナンスは一切必要ありません。
さらに自分の髪の毛なので質的にも違和感がなく自然な感じで仕上がります。

 

 

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットはその手法のほとんどがメスを使う外科手術になりますので頭皮に傷跡が残ります。
さらに植毛する部分が少なければ問題ないですが、植毛面積が広い場合は、1回に植毛出来る範囲が小範囲の為に繰り返し外科手術を受けなくてはいけません。

 

 

自毛植毛しても1度抜け落ちるという癖があります。その為に髪の毛として生えそろうまでには半年以上の時間は必要になります。
費用の面でも自毛植毛は美容目的の為に健康保険の適用外の為、全額自己負担ですので資金に余裕がないと難しいとされています。

 

自毛植毛の著名クリニック

アスク井上クリニック 植毛の神様で知られるアスク井上クリニック (公式サイト

 

 

 

増毛は人工的な増やし方


育毛以外で植毛の他にもう一つの髪の毛を増やす方法としては「増毛」があります。
しかし植毛と違い自然に何度も髪の毛が生えてくるわけではなくてあくまでも人工的に増やすのでカツラと同等で自分の毛を生やす事は出来ません。

 

 

生やすのではなくて頭皮を隠す目的の方法とも言えます。
具体的には特殊シートにより人工毛を頭皮に張り付けたり、現在生えている髪の毛の根元に人工毛を結びつけて増えて見えるようにする方法です。

 

 

増毛の種類

@ 編み込み式 髪の中に編み込みの土台を糸で作りそこに人工毛を付けていく増毛方法
A 結毛式 現在ある髪の毛の根元に人工毛を結び付ける増毛方法
B 全面接着式 人工毛が付いている超極薄のシートを頭皮に張り付ける増毛方法

 

増毛が出来る有名どころ

アートネイチャー(増毛) 日本で増毛と言う代名詞的な存在のアートネイチャー  (公式サイト

 

 

 

抜け毛の症状・タイプ別の必須対策商品!


枕に抜け毛が目立っていたり、シャンプーの時に抜け毛が多数手に付いたりなどの抜け毛の症状別に対策商品を変えると効率的に自分に適した育毛商品を見つける事が出来ます。
又、男性と女性とでは抜け毛の原因も違ってくるので対策する商品も違います。

 

 

抜け毛のタイプを見極める事が必要


抜け毛のタイプを見極める事が出来れば対策方法もそれに合わせた対策方法が取れるので効率的で効果的です^^。
まずは男性の抜け毛か女性の抜け毛かを分けます。

 

男性の場合はさらに大きく3つに分けて考えますが、女性の場合は大きく2つに分けて考える事が出来ます^^。

男性の場合の抜け毛の症状タイプの見極め方


男性の場合は、大きく頭のてっぺんが薄くなる「O型薄毛」か、前頭部がCの文字のように薄くなる「C型薄毛」又はMの文字のように薄くなる「M型薄毛」が薄毛の基本です。
さらに「円形脱毛症」などの病気の場合は一部分がごっそり抜ける症状ですので見た目で判断が出来ます。

 

男性の薄毛・抜け毛の症状・タイプ

てっぺん薄毛(O型薄毛) 鏡で見て頭頂部が薄くなっている場合。まだ進行していない場合は起床時に枕元にごっそり抜け毛が目立つ場合はこのタイプが多いです。(長時間枕と頭頂部が接触したりこすれたりする為)
M型・C型薄毛 前頭部がM字型やCの文字のように薄くなる場合。まだ進行してない場合の見極めのコツですが、シャンプーの時にごっそり抜ける場合はこのタイプの可能性が高いです。(シャンプー時は自然と前頭部を中心に洗う癖がある人が多い為。)
円形脱毛症などの病気による薄毛 部分的にごっそり抜ける場合は円形脱毛症を疑う。また飲んでいる薬の副作用や抗がん剤使用の場合は全体的にごっそり抜ける。

 

 

女性の場合の抜け毛の症状タイプの見極め方


女性の場合は大きく2種類の抜け毛症状に分ける事が出来て、通常の抜け毛と病気による抜け毛です。

 

女性の薄毛・抜け毛の症状・タイプ

女性の一般的な抜け毛 女性のAGAと言われるFAGAを始めとする女性の抜け毛は男性と違い全体的に髪の毛が抜ける症状です。特に生え際などが目立ちます。女性ホルモンの低下が関係していますが、男性ホルモンが優位になると体毛が濃くなる場合もあります。
病気による抜け毛 「円形脱毛症」や女性に多い「膠原病」などの場合は髪の毛が病気により抜け落ちます。ごっそりと抜け落ちます。円形脱毛症は円形状に抜け落ちますので判断しやすいです。

 

 

抜け毛症状・タイプ別の育毛商品を使う!


自分のタイプがどのタイプの抜け毛なのかが分かると対策も間違える事なく効率的な「育毛対策」が出来ます。

 

男性の場合で前頭部が薄くなるタイプM字薄毛やC型薄毛の場合は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が深く関わっています。
対策としては、ジヒドロテストステロンを抑制する「オウゴンエキス」「ヒオウギ抽出液」などを配合した育毛剤が必須です。

 

 

また、頭頂部などの頭のてっぺんを中心に薄くなる場合も男性ホルモンや血行不良の問題も重なっていて複雑ですが、「てっぺん薄毛」や「てっぺんハゲ対策」の場合は専用の育毛商品なども開発されていて、ピンポイントで対策が出来る点が改善率の高さに繋がっています。

男性の抜け毛症状・タイプ別の対策商品

M字型薄毛・C型薄毛の対策 男性ホルモン抑制作用の成分配合の育毛剤を使用。 ⇒チャップアップ育毛剤
O型薄毛(てっぺん薄毛)の対策 頭頂部(てっぺん)薄毛の専用の育毛剤を使用。⇒MSTT1
円形脱毛症など 自然治癒。症状が重ければ病院の皮膚科へ。

 

 

 

女性の場合は病気以外の通常の薄毛や抜け毛の場合は女性特有の「ホルモンバランスの乱れ」と「女性ホルモンの低下」、また「血行不良」や「頭皮環境の悪化」「髪の毛の栄養不足」などがあります。対策は女性ホルモンと同等の成分やホルモンバランスを調整する作用がある成分を配合した育毛商品などを使用する事で改善が可能です。さらには血行不良改善や、髪の毛の栄養成分、頭皮環境改善の成分も入っていれば言う事無しです^^。

女性の抜け毛症状・タイプ別の対策商品

女性特有の一般的な抜け毛 女性ホルモン作用やホルモンバランス調整作用配合の育毛剤を使用。 ⇒ベルタ育毛剤
病気による抜け毛 病気による場合はその病気を治す事が先決です。それまではカツラなどの使用も。

 

 

 

円形脱毛症などの抜け毛は商品よりも病院での薬かストレスが少なくなる事で自然治癒も可能です。
脱毛症の程度が強い場合は病院の皮膚科に行きましょう^^。女性が多い膠原病も同じで病院での治療が必須です。この場合は病気の為に抜け毛が発生しているので一時的にカツラなどで隠してまずは病院にて病気を治す事が先決ですね^^。